« 2010年1月24日 - 2010年1月30日 | トップページ | 2010年2月7日 - 2010年2月13日 »

2010年1月31日 - 2010年2月6日

プレゼンテーションのお勉強

昨日、と今日は英語でのプレゼンテーションスキルを学ぶ研修に参加(昨日の午前中は小室さんに会うために抜けちゃったけれど)。先生は日本人だけど、英語のディベート大会で日本チャンピョンになるといった実績もある方だし、またかつて外資系企業に勤めていたけれど、ある日レイオフされるなど、人生経験も私が経験したことのない経歴をおもち。この先生によるプレゼンテーションスキルの研修は、別の教育コースの1カリキュラムとして実施されていたんだけれど、そのコースを受講できる人はごく少数に限られていたの。自分がこの先生のクラスをオブザーブして、これはイイと思い、是非他の皆さんにも受講して欲しいと思い、今年度単発コースとして独立させて実施できたのだ。私の夢の実現の一例です。

今までは事務局としてオブザーブするという立場で見てきたけれど、今回初めて受講生として参加。1.5日、英語で話をするというのはなかなか脳みそ使いますね。今日の夕方終了したときにはかなり疲労感がにじみました。けれど、他の受講生が熱心に学ぶ姿を見ると、私もがんばらなくちゃ、と思うし、あぁ、英語力まだまだ磨かないと、と思いました。

ちなみに講師の先生は中国語にもチャレンジ中で、先日も5週間くらい、中国の大学の語学コースに参加してきたとか。世の中学び続ける人、多いです。ホント刺激を受けますな~私も人に影響できるだけの人生経験つみたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

憧れの、小室淑恵さんに会う

なななんと、今日はあの小室淑恵さんが私の勤務先を訪問!!小室さんは(株)ワーク・ライフバランスの社長さんです。ワーク・ライフバランスは単に育児支援ということではなく、生産性の向上、リスク対策など、企業にとってはとても重要な経営戦略の一つだと思います。が、まだ経営戦略というよりは、女性が育児しながら働ける環境にすることでしょ、とか、自分の時間を確保するために残業しないで帰ることでしょ、くらいの認識でおわってしまっていることも多いように思います。ダイバーシティを推進しようとすると、若い人も女性も育児中の人も介護中の人も、いろんな生活パターンの人が存在することになり、今までのような長時間労働が美徳みたいな価値観はなくなってきています。なのでダイバーシティを推進するには、ワークライフバランスは避けて通れない課題なのです。

本当のワークライフバランスが進めば、日本人の働き方が変わって、会社にとっても個人にとってもwin-winの関係が成立するので、私としては是非推進したいところです。が、なかなか今までの価値観や働き方を変えることは難しいのですが、そこに果敢にチャレンジしている小室さんは、私にとっては憧れのロールモデルの一人なわけです。その小室さんに直接お目にかかれる機会をいただけたことは、とても嬉しくて、今日は最高の日でした。しかもしかも、私がtwitterで小室さんの著書の紹介をしていたりするのを小室さんがご存じだったことも感動。そして、著書にサインもいただいてしまいました。これは宝物になりますね。

Book

昨年は現横浜市長の林文子さんに覚えていていただけて感動し、今日は小室さんに覚えておいていただけて感動し、なんだか憧れの人heart02とのご対面が続いてすごく嬉しいhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千昌夫の正体

今日、ラジオ体操英語版のCDが届き、さっそくかけてみた。確かにソノ部分は「千昌夫」と言っているように聞こえる。私の部下もそういう。けれど、TOEIC800以上の実力を持つ若い男性社員は「ボクには千昌夫には聞こえませんよ」と言う。んー、英語のできる人にはそうは聞こえないということか、それともそもそも千昌夫なる人物を若すぎて知らないのか。

ま、聞こえない人には聞こえないでよしとして、千昌夫に聞こえる部分は何だろうと、繰り返し再生すると、私にはSame muscleと聞こえる。歌詞カードみたいなものがないので、正解はわからずじまいだけれど、妙に気になるラジオ体操になってしまった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

千昌夫?

昨日、「明日の朝こそ早起きしよう」と意気込んで寝たはずなのに、起きたらいつもの時間coldsweats02んー、自分の意志の弱さに愕然。明日こそ、目覚ましなったら起きよう!!

というわけで、挫折感の朝だったわけであるが、気を取り直して出勤。うちの会社は毎朝ラジオ体操が全社放送でかかるんだけど、グローバル化の気運を高めるため、今年からそのラジオ体操のかけ声が英語になった。何語だろうと音楽は同じだから、体になじんだ体操を間違うこともないんだけれど(って、そもそもまこちんはラジオ体操やってないけど)、初めて英語版聞いた時には、やっぱりちょっと動きが固まりました。でも楽しい。ほとんど、ワン・ツー・スリーという号令なんだけど、手をあげて、おろして(アップ・ダウン)とか開いて・閉じて(オープン・クローズ)といった動きの説明も入る。で、昨日友達から英語版の中で千昌夫と聞こえるところがあると聞き、え~っホント?ってことで今朝はじっくり聞いたみたら、ありましたよ~、千昌夫って聞こえるところhappy01。英語でなんて言っているのか気になるぅ~。こういうこと放置しておけないまこちんは、さっそくラジオ体操の音源取り寄せに動いたのであった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

未完了

コーチングのクラスで今月はタイムマネジメントのクラスをとっている。なぜって、まこちんはタイムマネジメントが下手くそなんだよね。
そのクラスの宿題で、自分が抱えている未完了を完了させてくるという宿題がでたんだけど、あるんだよねぇ、未完了。未完了ない人、さくさく片付けられる人っているのかなぁ。
今だに、早起きが未完了だ。明日こそ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝メール充実化

小室淑恵さんの『6時に帰るチーム術』に出ていた朝メール・夜メールに刺激を受けて、昨年の5月くらいから部下ともども朝メール・夜メールやってます。そう、このメールは、その日の段取りを考えて、自分の頭が一番パワーを発揮するところに知恵を使う仕事をもってきたり、週末までにあの仕事をやり終えるには、今日どこまでやっておくべきかを朝計画し、しかもその仕事がどのくらいの時間で完了するかまで見込んで書きます。めんどくさいと、部下から言われるかなぁと思ったけれど、部下の方がまじめに取り組んでくれて、「夜メール書くとき、なぜか足しても8時間にならないんです。何か無駄なことやっていそう」なんていう気づきも。

で、先月発売された小室さんの本では段取りをきちんとすることで、仕事が効率的に運び、ワークライフバランスもとれるといったことが紹介されていて、そのツールとしても再度朝メール・夜メールが紹介されていて、またまた触発されてしまい、今日から自分の朝メールは今までよりちょっと密に書いてみた。確かに、これ書くと、今日はなんとしてもこれは終わらせなければ・・・と思うし、次なにしようか、と途中で迷うこともないので、結構お役立ちツールなんだよね。明日からも頑張って続けましょう。

さて、今日は関東地区では雪?上司が横浜までクルマで戻るとのこと。果たして道路状況は?の質問に真っ先に回答が寄せられたのがtwitter。皆さんの情報網に感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

twitterはGive&Give

このブログの各記事の下に「t」というマークがありますが、これがtwitterへの入り口。去年は全く知らなかったけれど、いざ始めてみると結構楽しい。twitterのハウツー本にもある通り、始めた時には、いったい何か楽しいのか・・・という感じがしなくもないけれど、それはまだ時分のつぶやきを聞いてくれる人がいないから。けれど、ハウツー本にあるように、いろんな人のつぶやきを聞き、その人のつぶやきに返信していくうちに、だんだんと輪が広がっていく。自分の趣味や関心があることで検索かけるとズラッとたくさんの人が出てくるし、英語で検索すれば、世界中の人を検索できてしまう。これってすごいなぁと思う。

このブログで毎日メッセージ発信していても、読んでくれるのはかよちんくらいしかいないけれど、twitterはあっという間に常連さんというか、頻繁につぶやきあう仲間ができちゃったし。驚きだったのは、「まこちんさんを存じていますよ」なんていうメッセージを、私は記憶になかった方からいただいたり、「最近コメントを注目している方々」の中に私のIDを入れてくれてあったりと、つながる力はますます広がりを見せてます。

twitterが良いな~と思ったのは、誹謗中傷が少ないことかな。荒らしを見かけない。誹謗中傷ばかり言っている人のつぶやきを聞いても、全然おもしろくない。一方で誰かのサポートになるようなつぶやきができると、急にフォローしてくれる人が増えたりして。やっぱり世の中Give & Takeじゃなくて、Give, Give & Giveの精神が大切なんだなと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月24日 - 2010年1月30日 | トップページ | 2010年2月7日 - 2010年2月13日 »