« 2010年9月26日 - 2010年10月2日 | トップページ | 2010年10月10日 - 2010年10月16日 »

2010年10月3日 - 2010年10月9日

部下と呼びづらいのはなぜ

私には管理職になる前から、私と一緒に働く正社員女性が2人いた。組織上は私が上司、彼女たちは私の部下なわけ。でも何となく「部下」という言葉をいいづらい。今のそれは同じ。私だけかな?人のことを「部下」と呼べるほど、自分は偉いのか?と思ってしまうんだよね。あとは同じ仲間なのに・・・という意識もある。

でも最近はその気持を乗り越えて、私には部下か2人います、部下にやらせます、なんていうようにしている。職位が異なるのは、期待されている役割が違うわけで、部下と私は仕事をする仲間で、信頼関係もあるけれど、同僚という立場ではないように思えて。偉そうに振る舞いたいわけではないけれど、自分の気持ちの中に、部下に仕事を任せる、部下の成長をサポートする、という意識をもつために、ちょっと言いづらくはあるけれど、部下という言葉をつかっているのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1つ1つ

先月の中旬、「もうじき上期が終わるというのに、成果らしい成果が出てないな」と思ってしょげてたことがあった。今でもその状態はあまり変わらないのだけれど、それでも手帳にやるべきこと小さなことでも書き出して、1つ1つチェックが入っていくと、少しは進んでいるのかも、という気持にもなれる。
が、本来やりたい重要な業務にはなかなかチェックがつかない。人間、緊急性に目が行ってしまいがちだけれど、本当は緊急性より重要性を考慮した自分のリソース配分が必要だよなと思う。なんか今は仕事に追いかけられている感じ。自分からコントロールする感覚もつにはどうしたらいいのかしら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人事評価

管理職のお役目の1つに部下の評価がある。4月始まりの企業は9月で上半期が終わるので、今の時期部下の上期の評価をしている企業も多いかも。人が人を評価するのは難しい。同じクラスの人同士でも、年度当初に上司と握った課題が易しければ、達成度合いは高く、結果評価は高くなる。けれど難課題を握った人にしてみれば、未達で終わることもあり、そうなると、達成していないから、の一言で評価は下がる。なんかしっくりこないんだよなー。なので部署内で評価の妥当性を討議するのだけれど、その場に参加していて思うのは、私は結構部下評価を厳しくつけてしまう傾向がある・・・いや、周囲が甘くつける傾向なのか・・・。いずれにせよ、人が人を評価しなくてはならないのは、あまり気が進まない職務だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嬉しい知らせ

私の勤務先は昇格要件にTOEICのスコアをいれている。自動車部品業界はまだまだ日本人男性による企業文化なので、職位があがるにつれ、女性の比率は低くなる。ダイバーシティ推進していても、数値はまだ理想にはほど遠い。今昇格に手が届きそうな世代の女性は結構いるんだけれど、最近要件化されたTOEICがなかなかクリアできず、という女性も結構いる。で、彼女には是非と思っていた女性も同じくTOEICの壁。今年は自分が家庭教師をかってでようと思っていたら、なななんと、彼女から要件クリアの連絡が!よく頑張りました。エライエライ。自分のことのように嬉しくて、涙が出てしまったまこちんである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「日本の女性は家庭で働くことを喜びとしている」か?

今朝の新聞で、岐阜で開かれていたAPEC 中小企業相会合で日本の政治家が「日本の女性は家庭で働くことを世喜びとしている」と発言して、批判を浴びているという記事を目にした。twitter上でも話題になっていたらしい。記事の情報しか情報ソースがないので、真実はわからないけれど、記事から感じたことは、家庭だけが働く喜びを感じられる場、と捉えられていたらやだなぁということ。APEC会合だと国際会議なわけで、同時通訳で参加者には届いていると思う。通訳者がどのように訳したかわからないけれど、日本という国は、女性は家にこもって家事ばかりしている、なんて思われてもなぁ・・・。政治家がこんな発言しちゃうなんて、今の日本の労働人口の構成をどう見ているのかしら???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

即日筋肉痛でたけれど

今日は毎年恒例、町内対抗運動会。年々子供の数が減るし、住人は高齢化するで、特に走る系の種目は選手探すのも大変なんですが、だれもその点には触れないのか、毎年続いている。で、まこちんは走る系要員で、昨年は3種目。特に年代別リレーは30歳を超えると、なかなか走ってくれる女性を捜すのは大変なようで、走るのを苦にしない私は結構重宝されているらしい。思えば、まだ学生時代の頃は実家がある地区の町内対抗運動会で20代女子で出ていたし、結婚後は社宅のある地域で30代女子あたりまで出ていたし、今の地区に引っ越してきてからはかれこれ15年くらい出ている。というわけで、もう20年以上リレーメンバーなのだ。

で、今私が出る年代層は40歳以上女子というところで走るのだけれど、さすがにねぇ・・・。トレーニングもしていないし、つらくなってきまして、今年を最後にしてね、と役員さんにお願いして最後のおつとめ。なんだかこけるのではないか、とかアキレス腱切るんじゃないかと思いましたが、無事完走。良かった~。でもこの時期、会社で松葉杖ついている人見ることあるんですよ。はりきりすぎて切っちゃう人がいるんですねぇ。

今日も目の前で男性が急に足に違和感を覚えたらしく、ケンケンでテントに戻ってきた。その数分後救急車到着。周辺の話から、どうやらアキレス腱を切ったらしい・・・。あ~あ、怪我人が出てしまいました。早く治りますように。

で、無事完走した私ですが、すでに筋肉痛!年取ると、筋肉痛は翌日とか言いますが、なんのなんの。ちゃ~んと今日から筋肉痛なんて、まだ若い?でも明日の方がピークなのかも。たった100m走ってこの痛さか・・・。うーん、寄る年波には勝てないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月26日 - 2010年10月2日 | トップページ | 2010年10月10日 - 2010年10月16日 »