« 2010年9月5日 - 2010年9月11日 | トップページ | 2010年9月19日 - 2010年9月25日 »

2010年9月12日 - 2010年9月18日

太陽光発電にします

今日、太陽光発電にすることを決意、業者と最終打ち合わせ。初期投資は200万円くらい発生するけれど、今年は設置すれば電力会社が電気を買ってくれる価格が48円と有利で、10年くらいで元はとれそう。あとはたいした貢献はできないけれど、少しでも温暖化防止になればという思いから。10月末には工事が終わりそう。今から楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フォーマルって・・・

日曜日から開催されるAPEC Women Leaders Networking Meetingのドレスコードに関するメールが事務局から届いた。最終日の夕食会は「フォーマルまたは民族衣装」とある。フォーマルって・・・スーツじゃダメなのかな。補足で、イブニングドレスや和装の方もいます、って書いてある。げげげっ、イブニングドレスってどんなの???仮にわかっても、持ってないよ。

てことで、この手の場にご出席した経験のある尊敬するあの人に聞いてみる。こういう時のフォーマルって、何着ればいいんですか?と。そしたらご丁寧にお返事を下さった。結婚式に出席する時の服装レベルで大丈夫だよ、と。結婚式の服かぁ~。となると別に持って行かなくちゃならないし、そのドレスだと靴も別の靴もってかないと・・・。でも今回の会合の場合、私は主催者でも講演者でもないのだから、ビジネススーツで失礼にはならないとのこと。ホッ。先日かったシルクウールのスーツの出番です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

却下される

うちの会社は今年、男女共同参画に関する県知事褒賞という賞を受賞した。ダイバーシティは性別だけではないけれど、今まで力を入れてきた活動が認められたことは素直に嬉しいし、周囲の人からも、うちの会社が評価されたことを喜ぶ声も聞こえてきた。

県レベルの賞はとれたので、次は全国規模の賞を狙おうと、とある賞にエントリーの準備をしていたのだけれど、上司から「時期尚早」と却下された。仮に受賞したとしても、人事が勝手に賞とりしているだけで、社内の実態がまったく追いついていないではないか、と社員のモチベーションを逆に下げてしまう危険があるとのこと。

そーなんだよ、この人はいつも確実にメリットがある、と確信できないものはやろうとしないんだよ。賞をとれれば対外的にも知名度あがるし、学生にもアピールできるメリットもあるのに。申請書作成に時間を費やしてくれた部下に申し訳なく思うのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑誌に出ちゃった^^

twitterで、自分のtweetが顔写真アイコンつきで、週刊ダイヤモンド9/4号に出ていることを知った。すでに次の号が発売されていて、9/4号はバックナンバーだったけれど、アマゾンでゲット。さっそく開いてみると、おおお~出ているじゃん。
P1000492s

これで今年2回目の掲載。と言っても、前回は顔アイコンのみだったけれど。見栄っ張りな私は、当然会社に雑誌持って行って自慢して歩いたのであるcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コーチング研修の講師を務める

今日は社内の中堅層向けにコーチング研修の講師を一日務めた。ほとんど立って説明するので、終わると足が結構だるい。今は足がジワーとしている感じ。

肝心の中身だけれど、前回に対して1つエクササイズを追加したのはまぁまぁだったけど、前回までやっていたエクササイズを1つ忘れたdespair。まぁそういうこともあるさ。

この研修、タイトルはコーチング研修だけど、内容はコミュニケーション研修なんだよね。私としてはタイトル変えたいんだけどねぇ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

柔道日本

柔道の世界選手権で日本柔道が金メダルラッシュ。一時不振なんていう時期があったような気がするけれど、今回の日本はすごい!スポーツ、やっぱり勝つと応援したくなるのが、にわかファン。世代交代したのか若い選手の活躍もあるようで、先行き明るいニュースになんだか嬉しくなってしまう。

で、夜のニュースでは日本の新幹線やら水道などのインフラを海外に売り込んで行くんだとか。技術力日本もしばらく影が薄かったけれど、どうしてどうして。世界と勝負できる技術はまだまだあるわけで。そういえば「はやぶさ」の時は、涙ものでしたよね。なんだか今日は日本、まだまだ行けるぞ!と思った次第。

一方で政局は民主党の代表選びが大詰め。はたから見ていると、同じ政党内でどうしてこうも勢力争いが激化するのかしら?どうするのが国民のため?という視点が党内にあるのか疑問。閣僚ポストもどちらが代表になろうが、自分の陣営からなんて狭いこと言わずに、適材適所でお願いしたいところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語のグチメールに感激する

海外拠点の人事担当管理職(以下「彼」)から英語のメールが届いた。彼とは直接数回お目にかかったこともあるし、仕事のことで何度も英語のメールのやりとりがあったのだけれど、この週末に届いたメールは今までの彼にしてみればかなり長文。でも英語のメールって、日本語よりもロジカルなのか、単語さえわかればなんとなく意味がわかる。

で私なりに読んでみると、これはどうも彼のグチというか、彼のなんとなく納得いかない思いがつづられている感じ。メールは短く簡潔に!がビジネス上のマナーだし、書くにしても極力箇条書きにするなど、構成を考えて書くのが常。が、今回のメールはつらつらと書いてある。そういえば昨日のロジカルコミュニケーションの研修でも、ストラクチャーが適さないケースが2種類ある。その1つは共感して欲しいと思っている相手に話す時、と言ってた。男性ビジネスマンでもこういうメールがあるのかと認識を新たにするとともに、異国人で英語がさして上手でもない私にここまで書いてくれたことに、私は嬉しくなってしまった。こうやって信頼関係って築いていくのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月5日 - 2010年9月11日 | トップページ | 2010年9月19日 - 2010年9月25日 »