« 2010年7月4日 - 2010年7月10日 | トップページ | 2010年7月18日 - 2010年7月24日 »

2010年7月11日 - 2010年7月17日

歌舞伎、初体験

地元の文化会館に松本幸四郎が来るというので、今夜初めて歌舞伎を見た。幸四郎が出る演目は、仮名手本忠臣蔵の七段目。仮名手本忠臣蔵と、通常の忠臣蔵とはちょっと違うんだ~というのを、今日出かける前にWikipediaで調べたにわか予習で知る。大石内蔵助じゃなくて、大星由良之助って役柄でした。

歌舞伎って、歌舞伎座のように専用の劇場があるわけなので、地方都市で上演する時、花道とかどうなるんだろうと、舞台の大道具なんかにも関心をもちつつ入場。

まずびっくりしたのは、歌舞伎って、マイク使わないのね。マイク使わなくてもホール全体にセリフが届く声量てすごいわぁ~と、最近Voice Trainingを始めた私はそんな所にもアンテナがたってしまいました。

今日の上演時間は2時間あまりで、その中で「雨の五郎」「仮名手本忠臣蔵」「近江のお兼」と3つの演目。なので幕間に舞台変更をするわけなんだけど、その時の様子がまたすさまじい。もちろん幕があるから、舞台転換している様子を見ることはできないのだけれど、「そっちどう!?」とか「ごめ~ん、反対だった~」なんていう声が幕の向こうから聞こえてきて笑える。

で、お目当ての幸四郎はやはり貫禄十分。歌舞伎って、もっとかたい演目かと思っていたけれど、結構お笑いの要素も入っていて、とても楽しめた。昔の人の娯楽だったのがわかる感じ。また行ってみたいと思う楽しい一時でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペットロス

今日、友人が可愛がっていたワンコが亡くなったことを本人から知らされた。聞けば亡くなってからもう1ヶ月だとか。その間、私は友人の変化に全然気付いてあげられなかった。今日、やっと人に話せる気持になったので、話してくれたんだとのこと。誰かに伝えようとすると、涙がこみ上げてきて、言えなかったそう。ワンコを飼っている人にはもう家族の一員だもん。ワンコが亡くなった当時の友人の悲しみはいかばかりかと思う。会社を休むことなく、通常に出勤し、仕事もこなしていた友人。十分悲しむ時間はあったのだろうか。やっとまこちんにも話せる状態になったということは、少しは気持の整理がついたのかもしれない、と言っていたけれど。

友人は友人自身のことをとても責めていた。最後は隣の県の大学病院で手術・入院となり、退院できないまま亡くなったのだけれど、そのため最期の時に立ち会えず、ワンコが虹の橋を渡っていく時を見届けてあげられなかったことも、かわいそうなことをしたと、自分を責めていた。手術をしなかった方が長生きできたのかも、と自分の決断を責めてもいた。誰しもワンコを失う時にはこんな気持になるのかもしれない。命あるもの、いつかはこの日がくるのだけれど、友人の場合、その覚悟ができる前に虹の橋を渡ってしまった感があり、今日は一緒に涙してしまった。

悲しい時にはたくさん泣いて、十分悲しむ時間をとって、そしてまた前を向けるようになってほしい。亡くなったワンコの冥福を祈る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早退すると新鮮

喘息の咳が完全にはおさまらないまま、前回処方された薬が終わってしまったので、今日は夕方4時退社してかかりつけの病院に行った。夏至は過ぎたけれど、まだまだ夕方は7時頃まで明るいのね。普段こんな時間に会社から帰らないので、周囲の景色が新鮮。予想外に病院が混んでいて時間がかかってしまったけれど、今日は久しぶりにワンコと散歩にも行けたし、自分の手で夕飯も作れた。普段もこのくらいの時間に帰ってこられれば、散歩と料理と両立できるわけなんだな、と確認もできた。

最近毎日夕方から夜にかけて強い雨が降る。西日本ではかなり大きな被害にもなっているけれど、私の住んでいる所では被害まではいかないらしい。幸い今日は夕方からは青空も出ていて、ちょっと蒸し暑かったけれど、明るい時間に帰るっていいな~と思った次第。本当は朝に運動の時間を確保したいのがゴールなんだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

男性は男性の講演者を選ぶ?

社外の方に講演に来ていただくことがある。とてもありがたいことなんだけど、なぜか毎回男性なのよね。まだ女性の講演者が来たことってないように思う。講演者を決めているのは、その講演会を主催する部署の管理職層なんだけど、うちの会社の管理職は98%が男性。男性が講演者を決めると、男性になってしまうのかなぁ。講演テーマは、いろいろなんだけど、今のご時世、グローバル化にしたって、ダイバーシティにしたって、人材育成にしたって、講演者候補が男性ばかりということはないと思うんだよね。今時講演会を企画している部署に講師の候補を聞いたら、小室淑恵さん以外、全員男性。

もし私が決めていいぞと言われたら、小室さん以外にも、内永ゆか子さん(J-Win理事長)、和田浩子さん(元P&G)、佐々木かをりさん(イー・ウーマン代表)、大沢真知子さん、林文子さん、などなど女性も思いつくし、男性講演者としても、安藤哲也さん、宋文洲さんなどが思いつく。けれど、これらの私のリストと彼らのリストとは全然違うのよね。

講演者選ぶ側も、多様性を尊重した方が、聞く人にもメリットあるかも、と思った次第。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

有意義な勉強会

今日は女性活用に関する勉強会に参加した。うちの会社を入れて5社があつまり、各社の取り組みを紹介。各社がぶつかっている課題も紹介いただくと、似た課題が紹介される。そうか、うちだけじゃないのね、という感じ。うちよりずっと消費者に近く、女性がたくさん活躍していそうな食品業界でも、いまだに男性社会ですよ、と言われ、へぇ~という感じ。

各社共通の課題としては、女性をもっと登用したい、けれど、能力があると周囲が認める女性本人が、昇格を嫌がるケース。これはうちもぶつかるのよね。が、ある会社からこうしたら、その女性がその気になってくれました、という事例を紹介いただき、なるほど!と思った次第。今度うちでも使ってみようと思う。(すみません、読まれた方は何がなんだかわからない内容と思います。情報を出して良いかの確認をとっていないので、こんなカキコとなりました)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の星座占いはコレだったんだ!

毎朝見ている番組の中で、今日の星座占いみたいなコーナーがあり、珍しく自分の星座が最もラッキーな星座というのを見た。毎日見ていても、この時間帯に何かやっていると見られないことも多く、たまたまじっくり見ている日に限って、自分の星座がワースト星座になっている日も少なくない。なので一番ラッキーな星座になっているのを見たのは本当に久しぶり。さて一日、どんないいことがあるんだろうと、期待しつつ一日をスタート。

午前中が過ぎ、午後が過ぎ、帰宅しても、「これだ~」と思えることがない。今日は神奈川県内に出張があったのだけれど、あまりにコレと言ってラッキーと思えることがなかったので、今日、こうして無事事故にもあわず、帰宅できて、計画通り、コーチングのクラスに参加できたこと、これが幸運なことなのだ、と思うことにしたdespair。こうした何気ない日常に感謝が足りなかったのかも、という反省と共に。

ところがである。このコーチングのクラスで予言は当たったのだ。クラスは20名弱による電話会議で行われ、毎回コーチ役、クライアント役を決めてロールプレイを実施する。このクラスをとった目的は、自分がコーチ役をやって、クラスメイトやクラスコーチからフィードバックをもらって、もっとコーチングをうまくなりたい、ということだったのだけれど、過去3回はいずれもコーチ役に立候補できず、今日も聴くだけになりそうだなぁ、などと思っていた。ところが、クラスコーチが私に機会を与えてくれ、しかも尻込みしていた私にコーチ役をやってみるという勇気を与え、そして参加者から本当にフィードバックをもらい、しかも良いコーチングセッションだったとクラスの後にクラスメイトからメールまでいただくという、何とも素敵な一日となりました。星座占い、あたったよ~happy01

| | コメント (0) | トラックバック (1)

部下が出勤停止になりまして・・・

先週の途中から部下が出勤停止になっちゃった。部下と言っても私よりもずっと年上の方で、私の方がまだまだ教えていただくことがある立場ではありますが、組織図上、私が上司になっちゃっているだけ。

なんで出勤停止か。それは健康上の理由。社内の安全健康管理部から電話があり、『○○さんの上司はまこちんですね?○○さんは産業医の判断により、明日から出勤停止です』とのこと。「ええ~っ」て感じで、まずは○○さんとともに産業医の元へ。この時期当社は社員の健康診断の時期。産業医によると、○○さんの糖尿を示す値が昨年からまったく改善されていないとのこと。昨年の時点で出勤停止のお沙汰がされてもおかしくない状態だったのだが、改善に努めているということで、イエローカードで済んでいたのだけれど、昨年より数値が悪くなっていたので、情状酌量の余地なしで一発退場となってしまったのだ。

がび~ん、○○さんはうちの職場ではかなりの要職で突如抜けられるのは大変つらいのだけれど、仕事よりまずは健康第一なのは言うまでもない。本人は「まだ自覚症状もないし・・・」と未練があったけれど、ここは心を鬼にして「明日から来ないで下さい」と私からも申し渡す。本人も観念して翌日から休暇。本人からは毎日、今日はかかりつけの病院で指導を受けた、とかジムに入会した、何分歩いたという報告が届く。すぐ実行に移すところがすごい。値に変化が出てくるまで1ヶ月以上かかるらしいけれど、早く結果に結びついてほしいなぁと思う。

それにしてもこの手の生活習慣病は、薬でスッとよくなるものではないようなので、普段からの健康管理がいかに重要かを思い知らされた。最近ワークアウトをさぼり気味の自分にもカツいれなくちゃ。そういえば自宅に健康保険組合からレディース検診の案内来てたな・・・。今年は申し込んでみようかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年7月4日 - 2010年7月10日 | トップページ | 2010年7月18日 - 2010年7月24日 »