« 送別会 | トップページ | 成果=散財とも言う »

亭主元気で留守がいい、は中国ではあり得ない?

今日はグローバル人財育成研修。5回シリーズで今回はディベートとミーティングを扱う。中国拠点から教育担当者を実務研修で受け入れているので、この担当者も教育に参加。通常なら日本人ばかりの研修に、中国人が1名加わっての研修となった。

異国の方が入ると、違うね~。生きた異文化研修になった感じ。ミーティングのテーマで「週休3日制を取り入れるかどうか」という議論が交わされたのだけれど、日本人参加者が「夫が家にいると、専業主婦の妻が嫌がるかも」と意見を述べると、中国人には「理解不能!家族が一緒にいて、何が悪いの!?」と反論。なるほど、中国は家族というコミュニティがとても強いと聞いたけれど、ホントにそうなんだな~と実感。ついでに日本では「亭主元気で留守がいい」っていう言葉があることも教えちゃったhappy02

|

« 送別会 | トップページ | 成果=散財とも言う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549607/49887514

この記事へのトラックバック一覧です: 亭主元気で留守がいい、は中国ではあり得ない?:

« 送別会 | トップページ | 成果=散財とも言う »