« ラッキー | トップページ | 今日は良いことがありました »

Daniel Pink "Motivation 3.0"

Daniel Pink (ダニエル・ピンク)著 日本名「モチベーション3.0」、原書名「Drive」を読んだ。そしてDaniel PinkがTEDでスピーチしているのも見た。なるほど、おもしろい視点と思った。21世紀で求められる仕事は、機械的な作業ではなく、創造性を求められる仕事、脳で分けると、左脳ではなく、右脳を使う仕事に移行し、報酬というモチベーションは創造性を萎縮させてしまうというもの。

最近、社員のモチベーションとかモラルとか、その手の話が話題になるので、余計アンテナがたってしまった。今の勤務先は成果主義だし、その成果に応じて報酬がもらえるわけだけど、これが機能しなくなるとしたら、会社はどんな施策をうてるのかしら。とマジに考えてしまう。報酬は外発的な動機で、本来人は外発的動機付けではなく、内発的動機付けの時に右脳が働くらしい。私にとって内発的動機は何だろう。人の成長を喜ぶこと?自分自身が賢くなること?自分が知っていることで他人に影響したいってこと?自分のコーチングのレーザートークを考えるのにも役立ちそうだなと思った。

|

« ラッキー | トップページ | 今日は良いことがありました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549607/49845504

この記事へのトラックバック一覧です: Daniel Pink "Motivation 3.0":

« ラッキー | トップページ | 今日は良いことがありました »