« 2009年12月6日 - 2009年12月12日 | トップページ | 2009年12月20日 - 2009年12月26日 »

2009年12月13日 - 2009年12月19日

学びある一日

今日はコーチングの勉強会に参加するため、東京にお出かけです。勉強会は午後からだったので、午前中は表参道にある美容院PLACE IN THE SUNへ行きました。わざわざ東京まで美容院?と思われる方もいるでしょうけれど、こちらの美容院はとある方からのご紹介。そのあたりはまた別の日にご紹介しますね。

で勉強会に行く前に表参道でランチ。ミニ前菜、スープ、サラダ、パン、メインディッシュにフリードリンクがセットになって1000と結構リーズナブル。店内も落ち着いていてなかなかグゥでした。

MainZensai_2

で、勉強会。この勉強会は数ヶ月に1回くらいのペースで開かれます。コーチ・クライアント・オブザーブの3人1組でコーチングを実際にやり、オブザーブやクライアント役の方からフィードバックをいただきます。皆さん、フィードバックについてどんなイメージを持っていますか?「それは良いと思うよ、とかそれって良くないよ」みたいな「評価」に近いイメージを持っているかもしれません。またフィードバックされたことは、すべて受け取って、一つ一つしみじみと深く考えなくては・・・と思うかもしれません。コーチングを学ぶ前は私はそう思っていましたが、コーチングで扱うフィードバックを学んでから、フィードバックてこういうもの、という意識がかわりました。私の場合、自分のコーチングにフィードバックを下さる方が周囲にあまりいないので、この勉強会はとても学びになります。

そして今日の学びのもう一つは、この勉強会のファシリテータのファシリテーションスキルのすばらしさです。ファシリテータって、進行役というイメージがあり、ある程度ゴールを決めて臨めばなんとかなる、みたいな意識がありました。実際少し前に管理職同士の討議の場のファシリテータをかって出たときも、「ま、こんな感じで進めればいいかっ」くらいの軽い気持ちでやって大失敗。けれど今日のファシリテータは3時間の勉強会を仕切るために、戦略をじっくり練り、準備と練習を重ねてきたそうです。やはり良いものを提供するには、それだけの努力が必要なんだということですね。当たり前なんでしょうけれど、その当たり前をしみじみ考えることができました。

今日はこの勉強会の忘年会が続いてありまして、普段話したことがない方ともお話しでき、プレゼントまであたり、得るものが多い一日でした。計算すれば交通費がかかったり、忘年会の参加費がかかったりと実は出費もあるんだけれど、それ以上のリターンがありました。何か得るには自分から動かなくちゃ、というのも今日の学びだな。

で、本日は運動は×。プロテインとサプリメントは○でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アセスメントのアテンド

うちの会社は昇格する時に外部機関のアセスメンを実施している。今日はそのアセスメントのアテンド。
内容は今日初めて見るもの。ケーススタディを通じて自分がどんな戦略で望むかをアセッサーにみてもらうわけ。
私の時には役員前でのプレゼンだけだったけど。
受験者にどんなフィードバックがあるか楽しみ。
フィードバックは受験者の皆さんにも有益なのつで、しんしに受け止めてほしいです。

で、そのアセスメントは片づけも含めて17:30くらいには終了。この時間から会社に戻っても仕方ないので、そのまま帰宅。久しぶりに早く家につけて幸せhappy01 ワンコとの散歩で25分ウォーキング、プロテイン&サプリメントも○。中国語のお勉強も少しできて充実の一日となりました。

明日はコーチングMsの勉強会とその忘年会、そして久々美容院に行くため東京です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忘年会

今日はうちの部門の忘年会。そういう季節ですね。というわけで帰宅が遅くなってしまったので、ブログはこけまで。
今日のファウンデーションとしては、朝は起きれず7時起床。サプリメントとプロテインは○。ウォーキングはワンコと散歩17分でした。
わっ、揺れた!地震!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

講話する

来年の4月に1つポジションをあげる方々のトレーニングが本日からスタート。この方々はモノづくり現場で日夜お客様のために良い商品を造り込んでいる方々。そんな当社の屋台骨となっている皆さんに、私のような事務職の女性管理職が講話をしても、あまりしみじみこないかな・・・とも思いつつ、昨年に引き続き、人財育成担当管理職として1時間の講話をいたしました。

先週オブザーブしたプレゼンの研修を思い出して、聞いてくれる皆さんとのアイコンタクト、身振り手振り、話すスピードや声のトーンなどに気を配り、聴く側飽きさせないように時々質問も入れつつ話す。1時間の持ち時間、とても長い・・・と思ったけれど、案外話せるもんですねぇ。

まこちんが得意なのはコミュニケーションの分野なので、ここはコーチングで学んだスキルを活かして、皆さんにとってもらいたいコミュニケーションとか、リーダーシップって何だろうみたいな話をさせていただきました。もちろんダイバーシティ担当としては、本日からの受講者の中に1人も女性がいない現状を訴え、私自身が当社ではまだ数少ない女性管理職ですが、皆さんの仲間にも早く女性が入ってくることを願ってますと伝えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日も出張

今日も新幹線に乗って出張のまこちんでござる。関連企業の人財育成担当が集まる会議で、各社の取り組みなどが紹介される。つまりプレゼンするのだ。先週アテンドした研修の成果は出るかしら?
もち時間は5分。プレゼン内容は予め決められていたので、それに沿ってプレゼンすればいいから楽チンだし、量もパワポ3枚。なのに5分で収まらなかった(泣) 反省すると、1枚目が長すぎたのかも。
と思ったら続くみなさんも、結構時間オーバー。うちの会社は紹介できるようなことはないのですが、なんていうわりに10分も話す人もいて、人って自分の話を聞いてもらえるのは嬉しいんだろうね。
他社のプレゼンにはダイバーシティ、特に女性活用に関する取り組みも紹介されて刺激うけました。私もがんばらねば!2月に私が尊敬するIさんが、男女共同参画関連のイベントでプレゼン予定。そこでさすが、聴きに来てくださる方々に、なるほどぉ〜と思っていただけるよう、頑張ろう!
今日は新幹線混んでる。座れませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出張、研修オブザーブ

今日は新幹線bullettrainに乗って出張でした。まこちんが生息している町の駅には、こだま号しかとまりませんweep今朝は始発に乗るため、朝4時半起き。眠い!
と思ったけれど、新幹線の中で爆睡したせいか、出張目的である研修のオブザーブ中は眠くもならず、オブザーブできました。
今日の研修は管理職向けのプログラムなんですが、オブザーブさせていただいた会社は課長補佐職に実施していると聞き、はたして教育の成果は?がオブザーブの目的。結果、結構機能している印象。ただ講師の進め方が早い感じがしまさた。テンポ早いのは悪くないけど、課長補佐職ともなれば、管理職の代行もあるだろうから、もう少しマネジメント部分を参加者相互にディスカッションしたり、新しい気付きを得る時間があるといいなと思いました。
夕方終わって、帰りの新幹線。なんか以前に比べて乗客数が減った気がする。前は次の駅までは立っていることがほとんどだったのに、今日はすんなり座れました。座れたけれど、隣の席に怪しげなオヤジがきちゃった。ビール飲んでつまみの袋は床に捨ててるし…。マナー悪いなぁもぉー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

勝間和代さん著「やればできる」を読んで

12月4日に発売となった勝間和代さんの「やればできる」を今読み終えました。私自身、最近少し「私にホントにできるのかしら・・・」とかつてのテンションの高さからちょっとネガティブモードに移行しつつあるところだったので、この本を読んで、「そうだ、誰だっていきなりゴールにたどりつけていたわけではない。コツコツと積み重ねていくことが大事なんだ」と思い、下がりつつあったテンションにストップをかけることができました。

勝間さんの本は、ご自身の体験談に基づいて書かれているので、とてもしみじみ感がありますね。へぇ~、勝間さんでも昔はそうだったんだ、というところが多々あります。私は勤務先のダイバーシティを進める女性管理職です。業界の性質上、女性管理職比率はとても低いのが現状。まだ管理職になっていない女性側にも、管理職になることに抵抗を感じる人もかなりいます。なぜなら「私にできるのかしら」「責任ばかり増えて大変そう」という声を聞きます。けれど、その不安は真実なのか?それが今管理職についた私の実感。楽ではないけれど、良いこともたくさんあります。このことは勝間さんもご自身が管理職になってみたら、こうも違うものかと感じたと書かれていた、「そうそう、そうなんだよね」と同意。他にもストレングス・ファインダーやMBTIの話が出ていましたが、私は両方とも体験済み。しかもストレングス・ファインダーはあの森川里美さんに今度診断してもらえることになっているし、MBTIも日本では数少ない認定ユーザーの吉武志芳さんの研修にも参加させてもらってます。勝間さんが経験されたことが、私にも起きている・・・これはかなり励みになりました。

本を読んで私の課題は「まず目の前の仕事を精一杯やりとげ、相手の期待値に対して常に120%のアウトプットを出すことを続けていくこと」、そして「自分で抱え込みすぎないこと」だな、と思いました。今もこのまま行ったら、仕方ない、私が冬休みにやれば済むことだ、と思っている仕事があるのですが、ダメもとで上司の力も借りて自分が本当にやる範囲を決めてもらい、自分が努力するより専門家に任せられる部分はお願いしてみるという行動に出ようと思います。今はまだ週末も仕事してる日が多いですが、早く投資のための時間をもっと確保できる生活にしていこうと思いました。

勝間さんはこのことに私よりずっと若い年齢で気づかれていて、スタート年齢に私とは大きな差があるけれど、私が尊敬するIさんから「遅きに失することはない。気づいた時にすぐに最前の策をとれ」と言われたことがあります。なので今できる最前のこと、これに集中して行こう、そう思わせてくれた一冊でした。勝間さん、ありがとうございました。この本はさっそく自分の部下や不安からもう一歩責任ある仕事にチャレンジするのを躊躇している当社の女性にも紹介しようと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年12月6日 - 2009年12月12日 | トップページ | 2009年12月20日 - 2009年12月26日 »